T彦君との告白

人妻さとみの旦那や他の人には言えない秘密を告白していきます!
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


 

web拍手
おはようございます(^^)
今日の告白は予定通りT彦君との出来事を告白したいと思います。
書いてみないとわからないけど、ひょっとしたら長くなるかも(^^;)

T彦君というのは実は実家で隣に住んでいた2こ下の男の子・・・

私の家は田舎の町なので近所に住む家は何かしらの血縁関係があるらしく、うちのお父さんは養子で来てるので母親系の親戚ばかりいました。
T彦君との家とはよくわからないんだけど、私の母親とT彦君のお母さんとが従姉妹らしく昔から家族同然で過ごしていました。


 

*私が高校生になったくらいの時に、T彦君のお母さんが家でうちの母と話しこんでいて、子供たちの成績の話になり、おばさんが「T彦成績が悪いからと困ってる」と言い出し、急に私に「勉強を教えてもらえない?」って言い出し・・・
私は面倒だったんだけど、うちのお母さんが「さとみ見てあげれば」と勝手に承諾しちゃったもんだから週に1回、土曜の夕方4時から2時間くらい勉強を教える事になっちゃいました(^^;)

教えると言っても行って勉強をしてるところを見てて、わからない所を教えるだけっていう簡単なものでした。
最初はしぶしぶと行っていて、様子を見ながら断ろうと思っていたんですけど、1ヶ月くらい行ったら・・・
帰りにおばさんに呼ばれて「さとちゃん、ありがとね!これ少ないけど家庭教師代!」っと封筒を渡され「え?いいですよー」と返そうとしても受け取って貰えず、困ってると・・・(^^;)
「大丈夫だよ!お母さんにも言ってあるから遠慮しないでいいよ!」(*゚▽゚)ノ
私はそれならと「ありがとうございます」としっかり受け取りました。

家に帰りお母さんに「家庭教師代を貰っちゃった」と報告すると「よかったねー大事に使いなよ!」と話しがわかってるみたいなので安心して部屋に戻り、封筒を開けてみると・・・
なんと1万円も・・・(  ゚ ▽ ゚ ;)

確かにT彦君の家はお金持ちで、当時の私にはものすごく高額なアルバイトとなりました。
っと同時に責任感が湧き出ししっかりT彦君の成績を上げるぞー!っと気合を入れました。

しばらくは何事もなくT彦君もまじめに勉強を続け問題なく続けれていたんですけど・・・

ある日の土曜日、友達の家に遊びに行き、家に帰ってきたんだけど誰もいなくて・・・
私は家の鍵を持って出るのを忘れて家に入れなくなっちゃいました。(・・;)

時間は2時半くらいだったんだけど、玄関先でずっと待ってるのも嫌で、ちょっと早いけどT彦君の所に行っちゃおうかと思い隣の家に・・・(^.^)

T彦君の家には普段から特に断りもせずに玄関から入り「こんにちは~」っとあがり込んでいましたので、いつものように家に入り・・・

そして勉強の時は、そのままT彦君の部屋に行き、居なければそのまま部屋で待ってるか、下に降りてリビングで待ってる事になってましたので、そのままT彦君の部屋に行ってみることに・・・

もしT彦君がいるなら先に勉強を終わらせちゃおう!っと・・・(^。^;)


次回に続く(^^)

関連記事


 

web拍手
T君との事 | Page Top↑   2008/12/03(水)

 | 旦那には内緒!人妻さとみの秘密の告白 | 

  Copyright © 旦那には内緒!人妻さとみの秘密の告白 All rights reserved.  



ページランク表示  

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。